それでも最後は不動産屋さんに間に入ってもらって

主人の仕事の都合でどうしても転勤せざるを得ず、7年前に建てたマイホームを離れなくてはならなくなりました。
再び帰ってこられるかどうかわからないので、とても迷いましたが、売りに出すことを決意しました。

 

建築材料や家具などいろいろなものを輸入して5000万円近くかけて建てたこだわりの洋風建築の家だったので、手放すのはとてもつらく、主人に単身赴任してもらうことも考えたのですが、家そのものよりやはり家族のほうが大切ではないかと考えを改め、信頼できる不動産屋さんに任せました。
価格を2980万円としたので、高い価格のせいかなかなかうれないまま2年以上が過ぎました。

 

どうしたらよいだろうと迷っていたところへ、ちょうど友人が「家を譲ってくれないか」と話を持ってきてくれたのです。
その友人は2LDKのマンション住まいだったのですが、娘さんが小学生になるので、彼女のための部屋がほしいと、マンションより広い家を探しているとのことでした。

 

お互いに話し合い、価格は少し安くし、それでも最後は不動産屋さんに間に入ってもらって、スムーズに売買することができました。
愛する家を見ず知らずの人より、よく知った友人に買ってもらって本当によかったです。
土地の売却なら

 

マンション査定ではどんな所が見られているの?

それまで生活していた住まいを手放す際には、少しでも高く売却したいもの。
不動産業者や専門業者などにプロの査定を依頼する場合には、できるだけ自分でできる下準備は徹底的にして、少しでも査定額をアップしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

プロの目で物件をチェックする場合は、どんな所がよく見られているのか気になりますね。

 

 

複数の項目ごとに厳しくチェックされ、項目ごとに点数が加算されていきます。
例えば立地条件では、駅から徒歩でどのぐらいの距離なのか、人気があるエリアなのかなどがチェックされます。

 

田園調布などのエリアはネームバリューがあるため、それだけで価値がグンと高くなることもあるようです。
立地条件だけではありません。

 

マンションの中で自分が所有している物件が何階のどの向きにあるのか、日当たりや風通しなど、細かい部分がチェックされます。
住宅用のマンションの場合、最も価値が高いのはもちろん最上階。

 

そして、階数が1階違うと価値が0.5%変わるのが一般的なのだそうです。
売却することも念頭に入れてマンションを購入するなら、できるだけ高層階に購入したほうが良いのかもしれませんね。

 

日当たりを左右する物件の方角によっても、査定額が異なるようです。
最も人気があるのは南向きの物件。

 

日当たりがよくない北向きの場合には価格は10%もマイナスとなり、西向きや東向きの場合には5%程度のマイナスになることが多いようです。
海外では暑くなる南向きは嫌がられることも多いようですが、日本国内では南向きがダントツ人気のようです。

 

その他にも、築年数や間取り、専有面積、共有部分の特徴など、たくさんの要素が考慮されるようです。

こだわって建てた家を友人に買ってもらった新着記事

2014/07/17 08:25:17 |
以前大学生だった頃はアパートに住んでいたことがあるんですが、やっぱり集合住宅で暮らしていく時にはどうしても騒音とは仲良く付き合っていかなければいけないんですね。私が借りていたアパートの壁が薄いせいなのかかなりの生活音が漏れまくってきたので、夜寝る時は耳栓をするのが必須といった劣悪な環境だったと思います。テレビから流れる音はもちろんのこと、新聞紙を開いた時のバサッという小さな音まで漏れてくるんですから、毎日がストレスの連続だった事を思い出します。私が住んでいたアパートはかなり極端な例かもしれません...
2014/06/22 08:23:22 |
5年ほど前に土地を購入し、マイホームを建てました。ハウスメーカーが分譲している25戸ほどの分譲地です。私が購入した土地は90坪で道路は北側に面しています。南には家が建っています。南に家があると日当たりが悪くなってしまうかとも思いましたが、土地面積が比較的広いのでこの問題は大丈夫でした。角地ではないので両隣にも家が建っています。同じ分譲地内では、日当たりが南道路の土地のほうが価格が100万円くらい高かったです。最寄り駅までは徒歩20分です。車で移動することがほとんどなのでこの点は問題ないと判断しま...
2014/05/26 10:36:26 |
自分の家は非常に大事です。そのため、頻繁に家族と相談をして工事をしています。過去の工事の中では、床を変えたことが印象に残っています。今では床の交換なども簡単ですが、昔もスムーズに終わっています。そして、今はその新しい床で生活をしているのです。自分の家は実際に古いものです。そのため、常に工事などをしています。私は料金を払う立場ではないですが、それでも様々な意見を出しています。床の工事では、どういった種類に変えるかを深く相談しました。そして、結果的には耐久性を考えた工事にしたのです。この判断は、今に...
2014/05/09 10:35:09 |
今後マンションを購入する予定があるけど、どのようにして選べば良いかわからないと思う人も多いのではないでしょうか。プロの不動産ブローカーではない一般の人は、なかなか家やマンションを買う経験は少ないものです。そこで今後マンションを買うときのコツを紹介しましょう。少子化にともない、日本はあきらかに人口が減少していきます。ですから今後マンションを買う時は、多少無理をしても都心に近いものや、駅から徒歩圏内のものを選ぶと良いのではないでしょうか。もしローン返済がキツイけど、金融機関の審査に通過したのなら、思...